クレジットカードの審査とは?

クレジットカードは持ちたいと思っても誰でも持てるわけではありません。クレジットカードを持つには必ず、審査というものがあるからです。

では、クレジットカードの審査方法とはどのように行われているのでしょうか。

クレジットカードを申し込むときは、まず、申し込み用紙に名前はもちろんのこと、住所や生年月日を始めとする個人情報を書きこまなければなりません。今では、ネットからの申し込みが主流ですが、コレに関しても同様に個人情報を入力します。

これらの個人情報をもとにして、いろいろな審査が行われるわけですが、クレジットカード会社によって審査する基準や項目は変わってきます。ただ、共通した基準として、3Cといわれている3つの軸からカードを申し込んだ者の信用力を判断しています。

3Cとは、「Capacity(資力)」「Character(性格)」「Capital(資産)」という信用力を判断する3つの軸を英単語で表したもので、その頭文字を取ったものです。

ただ、ここで注意しなければならないのが、以前に何らかの問題があって、いわゆる「ブラックリスト」なるものに載っている人はクレジットカードを作ることはできません。

この項目に関しては、どのカード会社も一番重要視しているところです。ブラックリストに載っているかどうかの情報を信用情報といいますが、申込み時の個人情報で全てわかってしまうのです。一定の情報から簡単に審査できるわけですからね。ちょっと怖い感じもします。

クレジットカード 審査の基準って??

クレジットカードを発券するときは、必ずカード会社の審査があります。カード会社によって審査の項目や方法は若干違ってきますが、それぞれの審査基準にそって行われています。

ですので、当然ながら、カード審査に通りやすいカード会社もあるわけです。

クレジットカードの審査の基準を知りたいと思いませんか??クレジットカードの審査基準を知っていれば、どのクレジットカードを作ろうかどうかの判断ができますからね。

確かに、始めから発行してくれそうなクレジットカードを選ぶことができれば、無駄な労力はかからないし、審査に通らず落ちることもありませんからね。そこで、参考までに一般的なクレジットカードの審査とはどのようなものかを少しお話したいと思います。

審査をする項目はクレジットカード会社によっていろいろとありますが、もっとも重要視される項目が、すでにローンやクレジットなどの借金をしているか、また、どれくらいの借金をしているかで、どこのカード会社でも審査基準のひとつになります。

当然ながら、借り入れが多ければ、クレジットカードを発行しても支払いをきちんとできるかどうか、カード会社としても信用することはできませんからね。あとは、収入がどれくらいあるかも重要視されます。カードの種類によっては、勤続年数なども問題になってきます。

収入が無ければもちろん、クレジットカードを持つのことは難しいですし、ゴールドカードなどにもなると、一般カードに比べもっと審査基準は厳しくなってきます。たとえば、勤続年数は5年以上で、年収は500万以上など、審査では年収も基準のひとつとなるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする