ゴールドカードの特徴

普通のクレジットカードの上をいく、ゴールドカード。 憧れますよねぇ。ゴールドに輝くカードは、持っていてもちろん目立つし、カッコイイですからね。

限度額だって、普通のクレジットカードは、数十万円程度ですが、ゴールドカードなら数百万円レベルといいますし、かなり高額な買い物にも対応できるわけです。

特典やサービスだって、全然違います。空港のラウンジだって利用できるようだし、高額の海外保険なども付帯されてるようですからね。ただ、その分、年会費は普通のクレジットカードに比べるとかなり高くなります。

ただ、ゴールドカードというのは、誰にでも持てるカードではありません。一般のクレジットカードの審査と違い、ゴールドカードの審査はかなり厳しいといいますからね。

年収はもちろん関係してくるし、何の仕事をしているのか、勤続年数はどのくらいかなど、申し込み者の信用度も重要になってくるようです。

ゴールドカードの審査基準

クレジットカードにはいろいろな種類というかランクがあるけど、その中の1つであるゴールドカードはどのような人が持てるのか、ちょっと興味がありませんか。

ゴールドカードというのは、一般のカードと違って、希望すれば誰でも持てるというクレジットカードじゃないですからね。では、ゴールドカードの審査基準には、どのようなものがあるんでしょうか。

ちょっと調べてみました。まず、年収が審査基準になるようです。ただ、クレジットカードの種類やカード会社によって、年収の基準は違うようですが、ある程度の年収がないとダメなんでしょうね。

そして、年齢制限も基準になっていますね。ただ、何歳から何歳までという詳しいところは分かりませんが、未成年ではもちろん無理だろうし、年をとりすぎてても難しそうだと思います。

あと調べていて分かったことで、ゴールドカードの中にも、かなりのランク差があるようです。一般のクレジットカードと違って、ゴールドカードは年会費が高いという印象がありますよね。

でも、今では、年会費が数千円でのカードもあるようですよ。そのほか、審査のときの年収基準も低めに設定しているゴールドカードも一部で出てきているといいます。

昔と今とでは、ゴールドカードの申し込み条件は全体的に緩和されているようですね。わたしも金色に輝くゴールドカードには憧れます。まだ先ですが、いずれは所有したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする