クレジットカードの申し込み手順を知る

クレジットカードの申し込み手順を理解するということは、とても必要なことです。何故必要なのか?…。それは、申し込みの仕方がクレジットカード会社によって多少異なるからです。

とはいえ、ほとんどは同じような申込み方法になっているので、一つ覚えておけば役立つと思います。最近多くなっているのが、インターネットにおいて入会をするという方法です。

どうして多くなっているのかと言えば、その方がスムーズに入会が出来るからでしょう。オンラインの入会フォームに対して、必要事項を記入して送信をするだけですからね。

そして、その後確認メールが来ることになるわけですが、その際に審査の結果が分かることになります。審査の結果によっては、ここから先が進めないこともあります。

なお、クレジットカードの審査ですが、クレジットカード会社によって基準があって、さらに、クレジットカードのランクによっても審査がより慎重に行われるようになっています。

クレジットカードの審査に通れば、この後入会申込書が郵送にて送られてくることになります。印字が既にされてありますので、記入するところが少なくて楽な場合が多いですね。

そして署名やカードを利用した時に、その利用代金をどこから支払われるかという口座を記述することになります。捺印する箇所がありますので捺印をします。

そして、その書類をポストに投函してから、カード会社の手続きがすべて完了すれば、クレジットカードが郵送されてきますので待つことになります。

この間の期間というのは、クレジットカード会社によっても違ってきますし、その人それぞれによっても多少違いがあります。こういった流れを理解して、クレジットカードを作ってくださいね。

クレジットカード選びの注意点

クレジットカードには、スタンダードカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとランクがあって、カードの種類もいろいろなものがあります。

ただ、クレジットカードを作るには、当然ながら審査に通らなければなりません。以前に支払い等で問題がない限り一般のクレジットカードなら、まず審査に落ちることはないですが、以前に何か問題があった場合は審査に通らないケースがでてきます。

クレジットカード審査に落ちてしまうということは、申込み記録として信用情報機関に記録が残ってしまうんです。そして、短期間に何社もの審査に落ちてしまうと、申し込みブラックという状態になってしまい、どこのクレジットカードも作れない、なんて事にもなりかねないんです。

この辺も含めて、カードを選ぶ際は、なるべくなら慎重にいきたいですよね。まず、一般的に、銀行系のクレジットカードは申し込みの敷居が高めになってます。一方で流通系のカードはやや緩め、一番審査基準が緩いのは消費者金融系が発行するクレジットカードになるでしょう。

学生の方や主婦、また、正社員ではなく派遣などで働いている人は、こうしたところに申し込むこんだほうがいいでしょうね。最初はこうしたカードに申し込んでおき、クレジットヒストリーを作った上で、本命カードに申し込むというのが賢いやり方ですよ。

流通系カードや消費者金融カードといった、作りやすいカードでも便利なカードはたくさんありますからね。例えば、ライフカードや楽天カードは若者を始め人気が高い一枚です。

審査基準も幅広く、あまり厳しくないため学生や主婦、自営業者など、多くの人が審査に通っていますし、何よりこの2枚は、ポイントの貯めやすさも際立っていますからね。

入会金も年会費ももちろん永久無料。そのうえ、楽天カードは、今人気のEdyも搭載できるということでかなり便利です。ネットショッピング以外にも使えますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする