クレジットカードが作れないのはどうして?

クレジットカードを作るときには必ず審査があることは前回お話ししました。

いくつかの審査項目があって、それにそって行うわけですが、当然ながら、審査に落ちてしまうとクレジットカードを発行することはできません。

クレジットカードを申し込んでも作れないという時には、必ず何らかの理由があるものです。ようは、審査される項目の中に何か問題があるということになります。

一番多いのは、年収や職業などを判断した結果、審査基準に届かないということです。年収が同じ人であっても、職業が会社員や公務員といった「安定している」とみなされている職業かどうかでも、評価が大きく異なることがあります。

そのほか、自営業の方は、会社員に比べ立場や収入などが不安定とみなされてしまうため、どうしてもクレジットカードを作る際には少しハンデを背負うことになってしまいます。

もう1つ、過去にクレジットカードの利用やプロミスのキャッシングといった消費者金融の利用でトラブルがあった場合も、審査に通る可能性がかなり低くなってしまいます。

また、過去に持っていたクレジットカードの支払期限にたびたび間に合わず、支払い遅延の常習犯であったような人は、次のクレジットカードで審査に落とされることもあります。

クレジットカードをはじめて持つという方でも、カードローンなどの利用が激しくお金の使い方があまりよくないと見られれば審査に落ちることがあります。クレジットカードやキャッシングの利用は全て履歴が残りますので、カード会社が調べればすぐ事実が判明するからです。

ブラックリストっていったいどんなリスト!?

クレジットカード審査に落ちるのには、いろいろな理由があります。もちろん審査に通らなければ、クレジットカードを所有することはできません。

審査が甘いクレジットカードがあるとはいいましたが、クレジットカードやキャッシング等の審査をする上で良く耳にする、ブラックリストに載っている人は、いくら審査基準が甘くても、クレジットカードを発行するのは難しいといわれています。

それはそうと、そもそも、ブラックリストとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

一般に、ローンを組んだり、消費者金融などからお金を借りたという情報は、個人の情報として記録されていきます。その情報は、信用情報といわれていて、カード会社やクレジット会社、消費者金融などでは見ることができます。

信用情報も、支払期限をきちんと守り、何も問題なく返済している場合は単なる情報です。しかし返済が遅れがちだったり、返済出来なかった場合は事故ということで記録が残るんです。

結論からいうと、実際にブラックリストというリストは存在しません。返済に度々遅れたり、返済をできなかったなどの事故を起こした人が、ブラックリストに載ったと言われるわけです。

ただ、実際にブラックリストというリストは存在しないとしても、信用情報としてカード会社やクレジット会社等でつかむことができるようになっています。カードを使うにしても無理なく、きちんと返済できる範囲で利用するよう気をつけたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする