Edy機能搭載クレジットカード

現金を持っていなくても買い物をすることができるのがクレジットカードの特徴ですが、クレジットカード以外にも、現金を持っていなくても買い物をすることができる方法があります。

それが、電子マネーというカードです。クレジットカードを使って買い物をした場合は、支払い期限になると指定の銀行から買い物をした料金が引き落としされますよね。しかし、電子マネーの場合は、クレジットカードの支払い方法とは少し違います。

電子マネーというのは使う前に、あらかじめいくらかの金額をカードにチャージしておく必要があります。ようは、チャージが済んでいる電子マネーで買い物をすると、チャージ分から買い物をした商品の代金が引かれるというシステムになっているわけです。

この電子マネーの1つに、Edyがあります。クレジットカードとEdyを別々に持つという方法もありますが、クレジットカードにEdyがついていたら持ち歩くカードは、それ1枚で済むわけですよね。

現在は、エポスカード(旧マルイカード)をはじめとする、Edy機能を搭載できるクレジットカードはいろいろとありますが、クレジットカードにEdyをつければさらに便利なことがあるんですよ。通常のEdyは、使う前にチャージをしておかなければならないですよね。

つまり、チャージをすることができるところに行かなければならないということです。しかし、クレジットカードにEdyがついていれば、カードからチャージすることができるんです。パソコンを使ってチャージする方法もあるし、アプリを使ってチャージするという方法もあるんですよ。

クレジットカードを使ってチャージする場合は、家にいながらにしてチャージが完了するということです。ちなみに、同じようなシステムでID一体型クレジットカードもありますが、これからは、これらの電子マネーやおサイフケータイは必携になるでしょうね。

ところで、クレジットカードを発行する際に、電子マネーであるEdy機能を搭載すると何かメリットがあるの??と思う人もいるのではないでしょうか?メリットはいくつかあります。例えばクレジットカードは、コンビニでの買い物には正直なところ向いていませんよね。

しかし、クレジットカードにEdyがついていれば、商品を購入する時に、カードを読み取り機にかざすだけで買い物ができるわけです。これなら現金を出す手間も、お釣りをもらう手間もかからないわけですし、レジをスムーズに通過することができますからね。

これはクレジットカードの機能ではなく、Edyの機能を使っているわけです。つまり、どこで何を購入するかによって2つのカード機能を使い分けることができるわけです。1枚のカードで2つの機能を備えている、Edy搭載クレジットカードはとても便利だと思います。

nanacoで得するカードなら?

最近ですが、次々と制度の変更が行われ、利便性が高まっているnananco(ナナコ)。

nanacoポイントに移行できる提携先が増加しているので、3月からnanacoポイントから電子マネーへの交換手数料が廃止されました。

そして、一番注目すべきところは、チャージできるクレジットカードが増えたところではないでしょうか。だって、これまでは、セブンカードのみでしたからね。

昨年の11月からは、JCBやセゾンのマークがついたものをはじめ、多くのカードが対象になりました。その上、中にはチャージでポイントがつくカードもあるから驚きです。

中でも、「漢方スタイルクラブのカード」は、nanacoのチャージでお得に!ポイントの利用期限はあるものの、還元率は、1.75?2%とかなり高いんですよ。

そして、イトーヨーカドーやセブンイレブンでは、nanaco決済で1%付与!チャージ決済と+すれば最大で3%になるんです。

それなのに、セブンカードが、nanancoにチャージしてもポイントがつかないのはどうしても納得いかないかも。セブンやヨーカドーでのカード決済が1.5%還元だとしても、ウ?ンって感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする